2006年写真集

写真はクリックで拡大されます。

第37回12月2日


久々の登場
パトリシアン600

本日もSPで
名歌手を

本年の締めは
クレンペラーの

第九で。
名演です。

本年もお世話になり有難う御座いました。


第36回11月4日


臨場感豊かに
独特の艶やかさ

ロングフィールド
SL11久々の登場

ジャイロデック
+オルトフォンで



ルーマニア人の→
(モーツァルトを)

男女競演
(ショパンを)

ブーニン絶頂期?
(ショパンを)

特注イコライザー、SPとの相性抜群

本日ショパンピアノ協奏曲3回目


第35回10月7日


往年の銘機
ザ・パトリシアン
MC240で
しなやかに力強く

EMT930でSP盤を

SP盤のヴォーカルはしなやかです。

まさに風格ある音です。

このリパッティの
真意は?
チェロの音に
聞き惚れました。

少し酔いが
回っているかも

Iさんが繊細にヴォリュームを調整

さすがのベームです

仲良し3人組?
クライバーらしいモーツァルトでした。

75年来日時のベーム限定盤です。

送り出しは
ガラード301と

当店の新製品
ジャイロSEで


第34回9月2日


アルテック
マリブで


今日のMさんは

グレン・グールド
特集

マッキントッシュ
MC275で力強く

女流ギターリスト、素晴らしいテクニックに一同感動

シュヴァルツコップ様のご冥福をお祈り致します。

名ソプラノ歌手
でした。

Iさんの

トスカニーニについての熱弁


第33回7月1日


K2でクラシック

皆さん聞き入ってます。

千住真理子、ジャケットも綺麗です。


大型スピーカーに負けてません。

しっとりと気持ちよく聞きました。


Mさんのお奨め


Mさんです。


福田さん
さすがです。?


デュプレ
文句なし。!

本日は
室内楽特集。


第32回6月3日


New comer
アルテック CD912-8C


J.マルツィの遺産から
金沢文庫の

Mさんから

とても味のある
録音

アルテックに
ぴったり

楽しく
レコード談義

弟子と

師匠の関係


第31回5月6日


15W×2でも



女流バイオリニスト

マイナーな作曲家

十分のパワー



熱のこもった解説

青年時の小澤征爾



オルトフォンのプリメインアンプで


第30回4月1日

エベレストを
M.レヴィンソンで

Mさんのお奨め
お奨めのチェンバロ
ML32Lの威力

Oさんのお奨め

お気に入りの酒と女

EU諸国の
国家斉唱

O先生の解説付き

まさにエベレスト


第29回3月4日


ザ・パトリシアンを
マランツ8で

金沢文庫の
Mさん

今回はオリジナル盤

静岡からKさん

ギタリストのOさん
お気に入り

Oさんのゾッコン

華麗なる締めの
1枚


第28回2月4日


The Patrician by
MC3500

Garrard 301, SPU

去年はカラヤンの...

第五の四楽章を、

ずらり、Iさんの解説

ザ・パトリシアン

やはりこれはこれ


第27回1月7日


Altec マリブ

Mさんのチェンバロも絶妙

414Z x2 の切れ味

新世界、第一楽章

OZAWA, 第二楽章

第三楽章

第四楽章
ページの先頭へ戻る